生え際や頭頂部が薄毛になったら

生え際や頭頂部が薄毛になる原因

薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)は、男性らしい身体を作るための男性ホルモンが、髪の毛の成長を阻害してしまうことによって起きてしまいます。具体的には、髪の毛が十分に育たない細い状態のうちに抜け落ちてしまうため、生え際が後退していったり、頭頂部が薄毛になってきたりします。

 

また、血行不良により、髪の毛が育つための栄養分が毛根まで届かないことも問題になります。ストレスや運動不足、喫煙などが主な原因となります。不潔にしていることも、髪の毛の成長には悪影響で、毛穴に汚れや皮脂が詰まらないように、定期的に洗髪してあげることが大切になってきます。

薄毛は医療機関での治療が良い

現在は、ドラッグストアや薬局などで、薄毛のための育毛剤や養毛剤などがたくさん販売されていますが、自分で行う薄毛対策よりも、しっかりと医療機関で治療した方が、圧倒的に良い結果が出ています。医療機関では頭皮や髪の毛の状態を専用スコープなどで確認し、状態にあった治療方法やアドバイスを行ってくれます。

 

また、主流の治療方法は内服薬での治療となるため、万が一副作用が出たような際も医師に確認することができ安心できます。しかし、自由診療であるため、医療保険が適用されませんので、金銭的な負担があることは理解しておかなければなりません。