生え際の薄毛はケアし甲斐がある

生え際だからこそダメージが

薄毛の原因は、遺伝的なものや、ストレスなどの内的な要因の他に、紫外線による影響や、皮脂や汗による汚れなど、外的な要因も、毛根に大きなダメージを与えます。

 

特に生え際は、常に毛根まで外部に晒されやすい状態になっており、直接ダメージを受けることになり、太く、濃く、丈夫な毛を生成するのが難しくなり、いずれ色艶を失い、細く、抜けやすい毛となり、薄毛が進行してしまいます。

 

頭髪の中でも、特に弱い部位であるからこそ、十分な食事と睡眠、ストレスを溜めないような生活を心がけるのと併せて、日頃からのケアが大切です。

生え際だからこそケアできる

そんな生え際の薄毛ですが、上述のようにダメージを受けやすい部位であるからこそ、それを逆手に取れば、ケアもしやすい部位であると言えます。液体やジェル状の育毛剤を塗布する際は、頭皮までしっかり届き、毛根まで浸透していくのを感じることができます。

 

特に、前頭部や、もみあげの付近であれば、鏡で見える範囲で確認しながら、確実にピンポイントで塗布したり、マッサージをする事もできるのも、他の部位にはない特長です。このように、比較的ケアをしやすい部位だからこそ、あきらめずに、早めの対処をしたいところです。